無在庫転売はアカウントが止まる?リスク回避のおすすめの方法はこれ!

ネット物販について

こんにちは、松本賢介です。

「Amazonを使った無在庫転売をやってみたいけど、ネットでよくアカウントが止まるっていうけど大丈夫かな…?」

そのように不安な気持ちを抱えている方もいらっしゃるかと思います。

ですが、しっかり守るべきところを守っていればアカウントが止まることはありません。

万が一止まったとしても、Amazonのアカウントを再開出来る方法もありますのでお伝えしていきます。

もしもアカウントが止まったらどうなるのか?

Amazonのアカウントが止まってしまうと、商品の出品権限が止められたり、出品している商品が出品停止になります。

それよりも特にまずいのが、売上金の振込が保留されてしまうことです。

仕入れの請求は来るけど、Amazonの売り上げ金が来ないのは恐怖です。

ですが、Amazonのアカウントを復活させることが出来れば元の状態に戻ります。

下記の記事で書いているクレカの使い方をするのは、万が一のアカウント停止を想定しているからです。

支払いがすぐに来ないうちに、アカウントを再開させておけば支払いが出来ないなんてことにはなりません。

無在庫転売はクレカで仕入れよう!おすすめカードとリスク回避な使い方
こんにちは、松本賢介です。 今回は無在庫転売の仕入れにおすすめのカードと、キャッシュフローのリスク回避になる方法をお伝えします。 クレカというと、「なんかあんまり使いたくない...」と思う方も少なくはでしょう。 ですが、正...

そうは言ってもアカウントが止まらないに越したことはありません。

日々のストアの運営で注意すべき点をお伝えします。

規約違反となる商品を出品しない

ヤフオクにあってAmazonに無い物を出品していくとはいえ、Amazonので規約出品してはいけない商品があります。

以下がAmazonの主な出品禁止商品です。

    1 複製された媒体
    2 商品登録されいる商品複製
    3 プロモーション用媒体
    4 アダルトメディア商品
    5 販売元が許可していない商品
    6 エアガン、モデルガン

特に赤字の商品はうっかり出品してしまうこともあるので十分注意しましょう。

絶対に扱わない方がいい商品

こちらで実例をもとに、どんな商品を出品してはいけないかを解説していきます。

これから紹介する商品を出品してアカウントが止まった事例があるので、絶対に出品しないでください。

非公式のアイドルの生写真

ヤフオクにはこの手商品がたくさん出品されいます。

公式商品あれば写真最下部にコンサート名、グループ名やコピーライトが印されています。

こちらだと何も記載がないので非公式と言えるでしょう。

ヤフオクの商品説明で「ネットやフリマサイトで手に入れた」くらいしか書いていないこの手の商品は間違いなく非公式品です。

ちなみにこちらは乃木坂46の公式の生写真です。

赤線の部分を見て頂ければ、グループ名、イベント名、メンバーの名前が記載されています。

これが非公式商品との違いです。

公式の生写真でしたら出品しても大丈夫です。

ハンドメイド系の商品

ファンの方々が独自に作成した物は、販売元が許可を出していないので出品NGです。 

販促用のポスター

Amazonの出品規約、「販売を目的していないメディア」の該当しているからです。

同じ販促物でも、例えばキーホルダーやクリアファイルはメディアではないのでOKです。

タレントの即席サイン色紙

このような即席で行われたサイン入りの物は、所属元が通っていないのでNGになります。

また、入手経路も不明なので出品しない方がいいです。

サイン入りの物を出品するなら、公式が認めているものなら大丈夫です。

以下のように証明シールがあれば本物と言えます。

同人誌

販売元が許可していない上に、コピー商品に分類されるのでNGです。

コスプレ衣装

アイドル、アニメキャラのどんな物あってもコスプレ衣装はNGです。

ヤフオク出品されいる商品ほぼ全てが中国製で、間違いなく非公式で販売元が許可をしていません。

それでもアカウントが止まってしまったら

Amazonのアカウントが止まってしまった場合、Amazonに「改善報告書」を提出する必要があります。

提出したのが受理されれば、即日〜翌日にはアカウントは再開します。

ただ、「閉鎖」とAmazonから通告されたら復活は無理なので、別のアカウントを作成する必要があります。

アカウントが停止する原因は、今回お伝えした商品を販売する以外にもあります。

ですが、押さえるポイントは同じなので実際に説明していきます。

改善報告書の記載事項

改善書報告書の内容は下記の項目を参考に作成してください。

・【今回発生させた規約違反の内容】
・【今回発生させた規約違反の原因】
・【同じ違反を起こさない為の具体的な改善策】
・【改善策を実施した場合の効果】
・【改善策の実施期日】
・【改善策の効果が見込まれる時期】
・【改善策実施責任者の氏名】
・【購入者とAmazonに対して深いお詫びと反省、心構え】

[チェックを入れる] Amazonの出品者利用規約と出品の成功事例を読み、確認しました。
[ チェックを入れる] 申請に記載されている情報に偽りはなく、正確です。

この項目通りに改善書報告書を作成して、アカウントスペシャリストに送れば復活の可能性は高いです。

それと改善報告書を作成するにあたり、かなり重要なポイントがあります。

改善案を実施する予定ではなく、即日「実施した」と伝えることです。

まだ実施していなくても、断言しないと復活の可能性は低くなります。

今回のまとめ

Amazonに出品されていない商品を出品するとはいえ、Amazonの規約で出品してはいけない商品は出品しないでください。

一時的に利益を得るだけじゃなく、継続して稼ぐことにこそ意味があります。

そのためにも、日頃からアカウント停止のリスク回避を心がける必要があります。


コメント

タイトルとURLをコピーしました