【無在庫転売】収入の確定申告に必要なものは?節税のコツを具体的に解説

ネット物販について

こんにちは、松本賢介です。

今回は、無在庫転売で得た収入の確定申告に必要なものについてお伝えします。

確定申告が必要な収入のラインや、確定申告で支払う税金を節税できるコツも併せて説明しますので、ご参考になりましたら幸いです。

ネット物販も確定申告が必要

「副業でやっているから…」

「そんなに大きく稼いでいないから…」

という理由で、確定申告は必要がないと思っているかもしれません。

ですが、そういった軽い考えで確定申告を怠ると数年後に100万円単位の税金を支払わないといけなくなることもあります。

専業でネット物販を行っている方はもちろん、副業でネット物販を行っている方も確定申告の対象となっていて、副業の確定申告をしないことが会社にばれてしまったら厳重な処分をくらうでしょう。

副業をやっている方が、会社に副業の確定申告がばれない方法を下記の記事に書きましたので、こちらも併せて読んで頂けましたら幸いです。

副業も在宅なら会社にばれない?この方法はサラリーマンにもおすすめ
こんにちは、松本賢介です。 様々な企業が副業を解禁した昨今ですが、会社の規制で副業が許可されてないというところがいまだに多いとよく話を聞きます。 今副業をやりたいと考えている方は、「今の会社の給料だけだと生活がキツい、副業はやり...

いくら稼いだら確定申告をするのか?

年間を通して一定額を稼げば、申告の義務が発生します。

経費を差し引いて、所得が20万円を超えた場合確定申告が必要になり、ネット物販を会社で働きながら副業をしていようが、専業でやっていようが年間20万円を超える所得があれば申告が必要です。

ただし、本業の所得が150万円以下、ネット物販の所得も20万以下であれば確定申告をする必要はありません。

ネット物販の脱税はどこでばれる?

基本的に取り引きがオンラインで完結する無在庫転売を始め、ネット物販の収入については、よほどの事が無い限り税務局にばれる事はありません。

ばれる、ばれないという点に関して言えばこれが事実と言えるでしょう。

表現の仕方は乱暴になりますが、税務局は国民から税金を絞り取ることが仕事なので、個人でネット物販をやっている人よりももっと巨額なお金が動いているところを調べます。

ただこれはあくまでも「ばれる、ばれない」の話で、行うべき申告を行わない事や、それに伴って支払うべき税金を支払わない行為は「脱税行為」です。

「ばれないから払わなくても良い」ということではありません。

収入を申告もせずに納税もしていないという人は、実際に個人でネット物販をやっている方でたくさんいると思いますが、税金を支払わない行為は「脱税」にあたります。

もしも税務調査があった場合、税務局は銀行に個人口座の情報の開示を求めればお金の流れを見ることが出来るので、その時取り引きを行なっていた際のお金の流れを税務局に見られたら逃れることは不可能でしょう。

そして脱税をすれば、以下の刑法の処分を受けることになります。

    ・意図的な無申告が発覚した場合、5年以下の懲役もしくは500万円以下の罰金、または、その両方が併科されます。

    ・故意ではなくても、1年以下の懲役または50万円以下の罰金が課せられることがあります。

刑法で罰せられるということは前科がつき、社会的信用を失ってしまいます。

知らなかったでは通用せず、ネット物販の確定申告をしないで脱税をすれば、今後の人生を大きく狂わせてしまう結果にもなるので税金は支払いましょう。

脱税はNG、節税はOK!

税金は日本という国で生きていく以上、必ず払っていかなくてはなりません。

ですが、払う税金は誰しもが少なくしたいものですよね。

払う税金を少なくするには脱税をするのではなく、節税をしましょう!

あなたが払う税金は、あなたのネット物販の利益や収入によって変化しています。

税金を減らすには収入を少なくすることに繋がりますが、そもそもの収入が減ってしまっては元も子もないですよね?

賢い節税をするコツを知って、お得に税金を納めましょう!

節税の具体的な方法としましては、「経費を増やす」ということが1番有効な方法となります。

要は仕事をするために必要なものになりますので、僕が確定申告で実際に提出したものを記載していきます。

仕入れに使ったクレジットカードの明細

ネット物販は、当然商品を仕入れなければ収益が発生しません。

これは誰でも分かるかと思います。

クレジットカードの明細であれば仕入先が記入されているので確定申告もスムーズに行えます。

また、併せて売り上げ金を入金する銀行口座の通帳のコピーか、ネットバンクの利用明細をプリントアウトして一緒に提出しましょう。

商売道具

パソコンを買い替えた、マウスを買い替えた、その他周辺機器を買った…

これらはネット物販を行う上で必要不可欠なものですよね?

なので、こういった物は積極的に経費にしましょう。

また、ちょっと視点はズレますが携帯電話の通話料やwi-fiの月間の利用料金も「顧客とのやりとりに使う」と言えば経費になります。

交通費

僕は無在庫転売をやっていて、実際に商品を仕入れには行きません。

ですが、車が無いと生活が出来ない田舎に住んでいるので、普段運転する車のガソリン代を仕入れの交通費として経費にしています。

ネット物販を始める前は、ガソリンのレシートは捨てていましたが、年間のガソリン代を概算したら数十万円はかかっていたので経費にしないテはないなと思いました(笑)

また、帰省や旅行に使った新幹線代や飛行機代も「遠方に仕入れをしに行った」と言えば経費に出来ます。

その際にどこかホテルに泊まっても、「遠方だから宿泊した」と言えば大丈夫です。

ただ、さすがに海外旅行は経費として認められないでしょう(笑)

家賃、水光熱費

ほとんどの方が、ご自身の自宅で作業をしてるのではないでしょうか?

その場合は、全額は無理でも経費として認められます。

事務所を借りてやるところを、自宅兼事務所としてやっているからです。

教材費やコンサル料

ネット物販をやっている方は何かしら教材を買ったり、誰かのコンサルを受けていると思います。

そもそもその学びが無ければビジネスの存続自体危ういので、勉強代は全額経費になります。

確定申告は自分でやるべきか?

結論から言うと、税理士さんに任せた方がいいでしょう。

実際に確定申告に費やす作業時間にもコストはかかっています。

もしその時間を税理士さんに依頼することで軽減出来たら、その分ネット物販で得られる利益にもつながると思いませんか?

なので、僕自身副業でネット物販を行なっていますが、確定申告は税理士さんに任せています。

顧問料の相場は?

値段は安いところで12万円からで、僕がお願いしているところだと年間で20万円くらいです。

税理士さんと面談する回数の差や、税務調査が入った時の対策を手厚く対策してくれるかによって顧問料は変わってきます。

副業でネット物販を行うのであれば、とりあえず確定申告さえしっかりやってくれるように頼めばいいでしょう。

今回のまとめ

無在庫転売など、ネット物販で得た収入は確定申告を必ず行うことが必要です。

「どうせばれないだろう」と思っていても、税務調査をされて脱税が発覚したら逃れることは出来ないと言っても過言ではありません。

ネット物販で稼げるようになれば、あなたにも確定申告を行う時期がやって来ます。

税金を節税するためのコツを知り、ネット物販とはいえビジネスオーナーとして自覚を持ってコソコソ脱税をせず全うに税金を納めましょう。


コメント

タイトルとURLをコピーしました