【無在庫転売】メルカリとオタマートの比較検証!両サイトを仕入れ先にするコツとは?

ネット物販について

こんにちは、松本賢介です。

今回はAmazonの無在庫転売で、メルカリオタマートを仕入れ先として使う方法をお伝えします。

主な仕入れ作はヤフオクですが、ヤフオクでどうしても商品が見つからない場合にメルカリとオタマートにも同じ物がないかを探して機会損失を無くしましょう。

僕自身も現在進行形で使っているので、両サイトの比較検証と仕入れ先として使うコツをお伝えします!

メルカリとオタマートの違い

メルカリは総合的にいろんなジャンルの商品が出品されていて、オタマートはアニメ系が専門と言う違いはあります。

無在庫転売の仕入れ先に使うコツとしては、こういったジャンルの違いというよりもそれぞれのサイトの特性を把握しておくことです。

それでは、両サイトの特性について解説していきますね!

メルカリを仕入れ先にする際に気をつけること

それでは、メルカリをAmazonの無在庫転売の仕入れ先として使うコツをお伝えします。

テレビでCMも放映され、ネット物販に興味が無い人であっても知らない人はほぼいないんじゃないかと思います。

余談ですが、この記事を作成している時点では国内外合わせて総ダウンロード数が1億を超えていると言うから驚きですよね!

ここまで市場が大きくなっているので、出始めの頃と色々事情も変わっているようなので最低限把握しておくべきことをお話しします。

Amazonの購入者に商品を直送してはいけない

メルカリを仕入れ先にする上で一番気を付けてほしいところです。

今年の夏くらいまでは、発送先を取り引きの都度変更するのは可能でした。

この記事を作成している時点では、取り引きの都度発送先が変わることは規約違反とされアカウントを無期限で停止にされてしまいます。

転送サービスを行ってくれる会社にも発送することも出来ないので、この場合自宅に一度取り寄せてAmazonの購入者に再発送を行いましょう。

この場合、Amazonの出荷期限に間に合わないので先に出荷通知を送ります。

でも先に出荷するのはまずいんじゃないの?と思うかもしれません。

ですが、僕の経験上以下のようにメールを送ればトラブルになったことはほぼ無かったです。

ただ、こういう連絡や商品を再発送する前に買ってくれた方のフォローを怠ると、トラブルになってしまうのでご注意ください。

「(Amazonの購入者)様

お世話になっております。

(自分のストアの名前)の(自分の名前)と申します。

この度は当ストアより商品をご購入頂き、誠にありがとうございます。

こちらの商品なのですが、システムの都合上先に出荷通知を送信致しますが、追跡番号が確定次第、再度こちらより連絡致します。

それでは商品の到着まで、今しばらくお待ち頂けますようお願い申し上げます。

(自分の名前)」

一度自宅を経由するということは、Amazonの購入者に商品が届くのに時間がかかるのは明らかですよね?

先述のように、追跡番号があり速達相当の発送方法で発送を行いましょう。

こうすると多少自分が取れる利益が減ってしまいますが、在庫を抱えていない分多少の送料くらいでは大きな赤字にはならないですよね?

機会損失を無くすためであり、無在庫転売をやっていると「買ってくれた人に商品を届ける」という意識が希薄になりがちになってしまいます。

パソコンの向こう側に人がいることを意識しましょう。

発送までの目安を見ておく

とはいえ、出品者によっては発送を行うまでの期間がまちまちです。

中には5〜7日はかかるという方もいます。

発送までに時間がかかりそうであれば、Amazonの購入者に在庫切れであることを連絡してキャンセル手続きを行ってもらった方が無難と言えます。

発送までの目安は、商品ページから見ることが出来るので下記の画像を参考に見てください。

僕だったらですが、発送が2〜4日までの出品者を選びます。

使えるクレジットカード会社が多い

メルカリでクレジットカード決済をすれば、通常手数料が100円かかるのが無料になります。

昔は使えるカード会社がVISAかMasterくらいでしたが、JCB、AMEX、DinersClub、Discover、セゾンカードも使えます。

さすが、総ダウンロード数1億を超えたことにより格式が高いJCB、AMEX、DinersClubも認めたと言うことでしょうか?(笑)

オタマートを仕入れ先にする際に気をつけること

では、続いてオタマートを仕入れ先として使うコツをお伝えします。

このサイトはタレントグッズも無い訳ではないです。

けれど、サイト自体がアニメ系に特化しているので基本的な商品数が少ないことと、需要がある物や希少な物は無いことが多いです。

トップページの「急上昇ワード」は、今オタマートでよく検索されているアニメのタイトルなのでアニメ系のリサーチ対象にしてみてもいいでしょう。

僕はヤフオクのアニメ系の落札履歴が変わり映えしないな〜と感じたら、ここに注目しています。

また、下記に商品リサーチに関する記事がありますので併せて読んで頂けましたら幸いです。

【必見】無在庫転売で儲けまくる商品リサーチ方法!具体的コツも伝授
こんにちは、松本賢介です。 今回は無在庫転売で販売する商品のリサーチ方法をお伝えします。 リサーチは転売を行う上で、収益を左右すると言っても過言じゃないくらい大事です。 ですが、コツを掴めば誰でも出来るので記事を読んだ後に...

Amazonの購入者に商品を直送出来る

メルカリと違って、オタマートは商品を直送することが出来ます。

その際はAmazonの購入者の住所、電話番号を伝えれば大丈夫です。

セット物で商品が売られていることが多い

このサイトの特徴としては、セットで商品が売られていることが多いです。

セット全部じゃないと購入不可と言う出品者か、セットからバラ売りは受けても何かの他の商品と一緒に買ってくれることを条件にする出品者とで分かれています。

ですが、単品で売ってる人もいるのでまずは単品で売られていないかどうかを探しましょう。

それでも無ければ、セット物をバラ売りしている人から商品を探すのですが、例えばAという缶バッジを購入するにはBとCという商品も購入しないといけないとします。

それで赤字になってなってなければ、「Aという缶バッジが欲しいのですが、BとCも一緒にお譲り頂けますか?」というとまず断る出品者はいないです。

Amazonの購入者には「今回は特別におまけを付けさせて頂きましたので、気にいって頂けましたら幸いです。」と伝えておきましょう。

勘のいい方はお察しかと思いますが、メルカリと同じく機会損失を無くす為と購入者にしっかり商品を届ける為です。

取り引きにちょっと手間がかかる感じはしますが、コツを押さえていけばスムーズに取り引きが行えます。

クレジットカードの支払いはVISAかMASTERのみ

メルカリと違って、オタマートは使えるカード会社はこの2社のみです。

お持ちでない方は発行してもいいですが、オタマートを実際に使う使用頻度によってでいいでしょう。

各サイトに共通すること

各サイトの特徴を挙げましたが、どちらのサイトでも共通して気を付けた方がいいことをお伝えします。

出品者によりマイルールがある

出品者によって、「プロフ必読」「購入前にコメントを」「即購入可能」などアカウントの名前のところに書いている人が多いです。

即購入可能という人は、そのまま購入しても全く問題ないですが、プロフ必読や購入前にコメントをと書いている方はちょっと手間でもそうしましょう。

特にプロフ必読という方は、過去に取り引きでトラブルあったと思われる方が多いかと思われます。

なので、結構長めな取り引き条件などを書いている傾向があります。

プロフィールの最後の方に「プロフィールを読んだ方は購入意志をメッセージで送ってください。また、その際は文末に⭐︎(記号か数字を指定する方が多い)と記入してください。」と、書いていることが多いです。

商品が見つかっても、はやる気持ちを一旦抑えて出品者がどういう人なのかを確認しましょう。

検索するときはキーワードを絞る

ヤフオクに無い商品を、メルカリやオタマートで探す際はヤフオクの商品名のままだとヒットしないことがよくあります。

ヤフオクは商品名を詳細に入力して出品する人が多いです。

メルカリやオタマートは、ヤフオクに比べるとまだ歴史が浅いという点や、出品の簡単さから商品名前をざっくりとした感じにする方が多いと感じます。

例として、このヤフオクの商品をメルカリでもないか探してみます。

このままだと生写真すら出て来ないですよね。。

商品名を絞りこんで、ようやく生写真が出てきました。

商品名の長さにもよりますが、長めの商品名の物はこのように要点をまとめて絞ってみるといいです。

今回のまとめ

Amazonの無在庫転売で、メルカリやオタマートから商品を仕入れ先にする場合は両サイトの特性を把握して、スムーズに取り引きを行うコツを掴むことが大事です。

両サイトごとの特性はもちろん、共通事項をしっかり把握しておくことでスムーズな取り引きが行えます。

「購入者に商品を届ける」という意識を希薄にせず、機会損失を無くしていくことが収益確保に繋がりますので在庫が無いときの仕入れ先として活用しましょう!


コメント

タイトルとURLをコピーしました