【無在庫転売】利益と出品数の関係性とは?収入を得る仕組みを徹底解説

ネット物販について

こんにちは、松本賢介です。

今回は無在庫転売で、収入を得る仕組みをお伝えします。

無在庫転売について「どのくらいの出品数でいくら利益が上がるのかが分からない」このように考えている方も多いかと思います。

例えば、在庫を持つ転売なら1個売れば粗利が1万円の商品を100個売れば収入が100万円になります。

ですが、これが無在庫転売になると分からないですよね。

無在庫転売でも、輸出や輸入など手法によって違ってきます。

今回は僕が取り組んでいるAmazonを使った無在庫の国内転売を例にお伝えしていきます。

出品数と作業量の関係性を把握しよう!

まずは何はなくとも、どのくらいの数を出品してどのくらいの期間を取り組めばいいのかを把握しましょう。

これを知らないと、収入はどんな仕組みで得れるのか?という事を知らないまま取り組む事になります。

取り組む人によって差はどうしても生じるので、おおよその目安として捉えて頂ければと思います。

     1日3時間前後の作業を前提として

    ・1000出品➡︎約8万円から15万円(約1ヶ月)
    ・3000出品➡︎約15万円から25万円(約2ヶ月から3ヶ月)
    ・5000出品➡︎約30万円から45万円(約3ヶ月から4ヶ月)
    ・10000出品➡︎80万円から100万円(約5ヶ月から半年)

この数字は単月でやるわけじゃなく、例えば開始から半年後に出品数の合計が10000になっているという事になります。

1000出品とか2000出品とか聞いて「大変そう…」と思われたかもしれません。

ですが、見方を変えると1日3時間を半年続ければ月収100万円が見えて来ますよという感じになります。

在庫を持たない分、無在庫転売は数が大事になってくるので着実に出品数を積み重ねていきましょう。

数をこなすだけはダメ!質×出品数で利益が決まる!

「どのくらいの数を出品すればいいか分かったから、とにかく何でもいいから1000個商品出品しよう!」

「睡眠時間を削って、とにかく何でもいいから1ヶ月で3000個出品してやろう!」

早い段階で数多くの商品を出品する事はいい事ですし、先述の通り無在庫転売は数が大事です。

ですが、単純に数が多ければいいというわけではなく出品する商品によっても利益額は大きく左右されます。

1000個需要が無い商品を出品するくらいなら、需要がある商品を100個出品した方が商品は売れやすくなります。

もちろん、しっかり需要がある商品を1000個出品すれば間違いなく結果が出ますし、あわよくば1ヶ月目で15万円以上稼げる可能性もあります。

無在庫転売で売れやすい商品を探すリサーチ方法をまとめた記事も書いていますので、併せて読んで頂けましたら幸いです。

【必見】無在庫転売で儲けまくる商品リサーチ方法!具体的コツも伝授
こんにちは、松本賢介です。 今回は無在庫転売で販売する商品のリサーチ方法をお伝えします。 リサーチは転売を行う上で、収益を左右すると言っても過言じゃないくらい大事です。 ですが、コツを掴めば誰でも出来るので記事を読んだ後に...

売れやすい需要がある商品を探さず、ただ数をこなすだけだとあなたが使った時間と労力が無駄になってしまいます。

人の力を借りて出品数にレバレッジをかけよう!

ここでいう「人の力を借りる」ということは、商品のリサーチ作業を外注化するという事です。

無在庫転売は、リサーチから出品をパソコン一台で完結できてしまうノウハウです。

例えばリサーチは一度身につけてしまえば、やることはパターン化されるので、そのパターン化したリサーチを人にやってもらうのです。

クラウドワークスランサーズといったクラウドサービスのサイトで、募集をかけてリサーチ作業をしてくれる人を探しましょう。

そうすれば、こちらから検索してほしい商品のキーワードを伝えると探してくれて自分でリサーチせずとも数多くの商品を探せるよう仕組み化できます。

いくら稼いでから外注化すればいいという決まりはないですが、最初から外注化をしても自分が教えられず上手くいかない事がほとんどです。

まずはリサーチをパターン化できるまでやり込んで、リサーチの方法を誰に教えても分かる手順書を作れるようになってから検討しましょう。

今回のまとめ

無在庫転売は、「どれくらいやったらどれくらい利益が出る」というのがハッキリしないビジネスです。

その目安を知らない人にとっては、本当に稼げるかどうか不安になってしまうかもしれません。

なので無在庫転売に取り組む際には、「どれくらいの期間で、どれだけ出品して、どれくらい利益が出るのか」というおおよその目安を知って取り組むことが大事です。

そこを明確にして、目標とする収入に対して必要な行動量を把握して取り組めば、無在庫転売の良さを享受しつつ稼げるようになります!


コメント

タイトルとURLをコピーしました