【無在庫転売】副業がバレるのを防ぐ対策とは?注意点を具体的に解説

ネット物販について

こんにちは、松本賢介です。

今回は無在庫転売を副業で行う際に、誰かにバレることを防ぐ対策をお伝えします。

「収入を増やしたい」という前向きな気持ちで副業を始めたのに、誰かに知られてゴチャゴチャ余計な事を言われてやる気を削がれたくないですよね?

今回お伝えする対策と注意点を押さえれば、あなたの会社の同僚や知人の方にはほぼバレる事はないので是非取り入れてみてください。

何が理由でバレるのか?

会社の同僚の方や、知人に副業をやっている事を話していなくてもバレる原因となるのがストアに載せるあなたの個人情報です。

転売ビジネスを行うにあたって、運営していくストアには「特定商取引法に基づく表記」が必要になります。

詳しく説明すると長くなるので端的に説明しますが、要はストアを運営する責任者であるあなたの氏名、住所、電話番号といった情報を入力する必要があります。

どこで知られるかというと、あなたの会社関係者や知人がグーグルであなたの名前を検索したとします。

そうすると、あなたが運営しているストアの情報が出てきてそこから知られる可能性があると言えます。

とはいえ、わざわざそこまでして調べる会社は多くはないと思います。

ですが、「どうせ副業をやるなら万難を排したい!」と考えている方に対策と注意点をお伝えします。

また、下記の記事に副業で得た収入が会社にバレる事を防ぐ対策も書いていますので、併せて読んで頂けましたら幸いです。

副業も在宅なら会社にばれない?この方法はサラリーマンにもおすすめ
こんにちは、松本賢介です。 様々な企業が副業を解禁した昨今ですが、会社の規制で副業が許可されてないというところがいまだに多いとよく話を聞きます。 今副業をやりたいと考えている方は、「今の会社の給料だけだと生活がキツい、副業はやり...

ストア用の電話番号を取得しよう!

まず最初にストア用に電話番号を取得しましょう。

とは言っても、もう1台携帯電話を持つ必要はありません。

IP電話と言われる、「050」から始まる電話番号を今お持ちの携帯電話から取得すれば大丈夫です。

僕自身、実際にSMARTalkというサービスから取得しています。

月額使用料や初期費用が0円で、通話料が30秒につき一律8円といったコスパの良さも魅力です!

普通に携帯電話で通話するよりはやや音声が不明瞭に感じる事もありますが、そこまで大きく気にはならないので使ってみてもいいでしょう。

バーチャルオフィスを借りて、その住所を記載しよう!

続いてご自身の住所を記載して、副業がバレることや不特定多数の人に見られたくない人にオススメなのがバーチャルオフィスです。

バーチャルオフィスを日本語に直すと、仮想オフィスということになります。

オフィススペースを借りるレンタルオフィスとは全く違うもので、バーチャルオフィスは住所や連絡先をレンタルできるサービスです。

ですので、あなたの自宅の住所を知られずに安心してビジネスに集中することができます。

あなたの氏名を「特定商取引法に基づく表記」に記載しているのを誰か知ってる人に見られても、「同姓同名の人だろうな」くらいにしか思わないでしょう。

それでも気になれば、あなたの氏名の表記を平仮名か片仮名にすれば大丈夫です。(例:山田一郎→ヤマダイチロウ)

バーチャルオフィスがオススメな3つの理由

では、続いてバーチャルオフィスを使う事をオススメする3つの理由をお伝えします。

より具体的に、バーチャルオフィスの利点について触れて行きますね。

① 利用料金が安い

まず1つ目のバーチャルオフィスの大きなメリットとして、利用料金が安いということです。

自宅の住所以外に仕事用の住所が必要なら、不動産会社を通して事務所を借りてしまうということもできます。

しかし、本当にオフィスを借りるとなると敷金など初期費用や維持費もかなり高額になってしまいます。

無在庫転売は副業で行う人が多いため、自宅の住所を知られないためだけに事務所を借りれる人はそう多くないはずです。

これがバーチャルオフィスなら、月額料金は2000〜5000円程度で利用できることが多いです。

さらに、年間プランなど長期契約することで月額980円など1000円をきる格安バーチャルオフィスも登場しています。

無在庫転売をする人が増えていますので、バーチャルオフィスも利用者が増えて各社競争で料金が下がってきています。

賃貸でオフィスを借りるのと比べて明らかに安いため、無在庫転売のストア用の住所がほしいというだけならバーチャルオフィスがおすすめです。

② 郵便物を転送してくれるサービスがある

2つ目は、こちらはオプションになりますが郵便物を転送してくれるサービスがあります。

これが何故いいかと言いますと、ストアから商品を買った人から商品を返品したいと申し出があった際に使えるからです。

バーチャルオフィスを経由してあなたのご自宅に返品されるので、こういった場合でも住所を知られる事はありません。

③ クレジットカードでも支払い可能

3つ目は、バーチャルオフィスは事務所や部屋を借りるわけではないので支払いがクレジットカードで行える事です。

初期費用としても、入会金などで5000円〜10000円程度ですむことが多く、初期費用・年会費が一切かからず月額料金だけで利用できるサービスもあります。

また必要性を感じたらすぐに利用できる事や、使わなくなったらすぐに解約出来ることも利点です。

今回のまとめ

無在庫転売を副業で行う際に、「特定商取引法に基づく表記」がバレる原因となる事も考えられます。

ですが、IP電話のサービスでストア用の電話番号を取得して、バーチャルオフィスで住所を借りればバレる事はまず無いです。

副業がバレる事を防ぐ対策を立てて、不安な気持ちを取り除いてビジネスに取り組みしっかり成果を出していきましょうね!


コメント

タイトルとURLをコピーしました