【amazon無在庫転売】在庫切れ時の対策とは?商品確保の方法を徹底解説

ネット物販について

こんにちは、松本賢介です。

今回はamazon無在庫転売を行う上で、仕入れ元に在庫が無かった際の商品を確保する方法をお話ししていきます。

amazonの無在庫転売は、仕入れ元に商品が無くなったらamazonから出品を取り下げるツールを使って在庫管理を行います。

ですが、たまにツールでも在庫切れの商品を選別されないことがあるので、そういった場合でも商品を確保するための対策をお伝えしますね!

在庫切れになる理由とは?

まず、仕入れ元から在庫切れになる理由から説明していきます。

私がやっている無在庫転売のメインとなる仕入れ先はヤフオクですが、ヤフオクで商品が在庫切れになる理由は以下の通りです。

    ① 落札があってオークションが終了
    ② 落札なしでオークションが終了

商品が売れてしまうことだけではなく、②のようなことも見受けられます。

この時点で「ああ~、在庫無いから諦めよう…」と考えず、せっかくの注文が機会損失にならないように商品を探す方法をケースごとに説明します。

落札があってオークションが終了の場合

まず最初に落札があってオークションが終了した場合についてお話しします。

ヤフオクにあってamazonに無い商品を出品する際は、ヤフオクのオークションIDとamazonのSKU(amazonでいう商品番号です)を同じにしておきます。

注文が入ったら、amazonのSKUをコピーします。

次にヤフオクのトップ画面の「条件指定」の箇所をクリックします。

「開催中のオークション」のページを選び、ページの下部までスクロールします。

「オークションIDで検索する」のオークションIDを入力する箇所にコピーしたamazonのSKUを貼り付け、検索をクリックします。

入札があって落札された商品だと、赤枠のように入札件数が表示されます。

ツールが出品を取り下げる前に、誰かが落札したことが考えられます。

ヤフオクで同じ商品を探してみる

今回は先に落札がありましたが、この商品を持ってる出品者はこの人だけでとは限りません。

まずはヤフオクで商品名で検索をかけてみて、同じ商品を持っている出品者がいないかを確認しましょう。

一点注意して欲しいのが、全く同じ名前で検索しても出てこない場合もあるので一部商品名を削って検索してみるといいです。

例としては、この商品だと「防弾少年団 BTS 花様年華 on stage epilogue うちわ JIMIN ジミン」を「防弾少年団 花様年華 うちわ ジミン」という感じでしょうか。

他のサイトで商品を探してみる

ヤフオクに商品が無かった場合は、ヤフオク以外のサイトで商品を探してみましょう。

私もよく使うサイトを紹介しますので、ご参考になれば幸いです。


・メルカリ
・オタマート
・フリル
・モバオク
・楽天
・ヤフーショッピング

大まかにいうと上記のサイトですが、中でもメルカリとオタマートが商品数や価格の安さの面で使用頻度が高いです。

メルカリとオタマートで仕入れをする際の注意点を記事にしていますので、併せて読んで頂けましたら幸いです。

【無在庫転売】メルカリとオタマートの比較検証!両サイトを仕入れ先にするコツとは?
こんにちは、松本賢介です。 今回はAmazonの無在庫転売で、メルカリとオタマートを仕入れ先として使う方法をお伝えします。 主な仕入れ作はヤフオクですが、ヤフオクでどうしても商品が見つからない場合にメルカリとオタマートにも同じ物...

楽天とヤフーショッピングはそこまで使うことはないですが、もしも商品が両サイトにしかない場合の注意点をお伝えします。

いすれも商品の領収書や納品書が同梱されますので、一旦自宅に取り寄せて領収書や納品書を取り出して再度梱包して発送しましょう。

元の仕入れ値が購入者に知られてしまい、大きなクレームに発展するのでこの点は気をつけてくださいね!

商品ページ自体が削除されていたら

落札があって終了した場合とかぶるような事例ですが、商品ページ自体が削除されていると言うこともあります。

オークションが終わって出品者がページを削除したことが考えられるでしょう。

また、SKUをコピーした際に1字だけコピーし忘れた場合や、スペースが入ってしまうとこのような表示になることもありますのでその点は要注意です。

その場合は以下の画像のような表示になります。

この場合は、早々とヤフオク内か他サイトで違う商品がないかを探してみましょう。

落札なしでオークションが終了の場合

次に落札がなくオークションが終了した場合についてお話しします。

商品を確保出来なかった人の中で、こういった場合でも早々と諦めてしまう人がよく見受けられます。

この場合だと、落札があって終了した商品よりも早く入手出来る可能性は高いので以下の方法を試してみてください!

出品者が他に商品を出品しているかを確認

まず、落札があってオークションが終了した場合と同様にSKUをコピーしてヤフオクで検索します。

ヤフオクのトップ画面の「条件指定」の箇所をクリックします。

「開催中のオークション」のページを選び、ページの下部までスクロールします。

「開催中のオークション」のページを選び、ページの下部までスクロールします。

「オークションIDで検索する」のオークションIDを入力する箇所にコピーしたamazonのSKUを貼り付け、検索をクリックします。

入札件数が0あれば、誰も入札することなくオークションが終了したということです。

この場合出品者が再出品を行なっておらず、在庫がまだ出品者の手元にあると考えられます。

そして「出品者のその他オークション」をクリックして、他に商品を出品していないかを確認します。

他の商品が出品されいるのが確認出来たら、出品中の商品をクリックして商品ページに進みましょう。

商品ページ内の「出品者への質問」をクリックすると、出品者にメッセージが送れるので以下の文言を参考に在庫の有無を聞いてみます。

オークションが終了した商品ページからだと質問が出来ないので、出品中の商品から行う必要があります。

    出品者様

    はじめまして。

    こちらの商品に関する質問ではないのですが、先日落札無しで終了しました下記の商品はまだお手元にありますでしょうか?

    (商品名)
    (商品ページのURL)

    もしもまだありましたら、是非購入させて頂きたいので(即決価格があったら「即決価格で購入させて頂きたい」と言いましょう)
    可能でしたら再出品を行って頂けないでしょうか?

    お手数をおかけしますが、何卒宜しくお願い致します。

メッセージを入力したら「確認をする」の箇所をクリックします。

次のページに移ったら文章を確認して「送信する」をクリックします。

送信が完了したら以下のような画面になります。

必ずしも全員から返信が来るとは限らないですが、私の経験上だと在庫の有無に関わらず7割の方は返信をしてくれました。

その日のうちに返信をくれる方もいますが、出荷期限ギリギリもしくは期限切れのあとに返信をする方も見受けられます。

私の場合だと、2日以内に返信が無ければヤフオク内か他サイトで商品を探します。

出品者が他に商品を出品していなかったら

出品者に在庫の有無を確認しようとしたところ、他に出品している商品が無かったということもあります。

この場合は、早々とヤフオク内か他サイトで商品を探した方が商品が見つかる可能性は高いです。

ですが、どうしても商品が見つからずかつかなり高額な利益を得れる商品だとしたら出品者にメールを送ってみるといいです。

とはいえどうやってメールを送るのか?と疑問に思うでしょう。

今からその方法を解説していきます。

Yahoo! JAPAN IDでヤフーメールを送る

「Yahoo! JAPAN ID」はヤフオクに商品を出品したり、購入するために最初に取得が必要です。

このIDはヤフオクで商品を売買するだけじゃなく、ヤフーメールのアカウントも兼ねています。

以下の画像の赤で伏せている箇所がYahoo! JAPAN IDですので、このIDの後にyahoo.co.jpをつければヤフーメールを送れます。(個人情報でもあるため伏せさせて頂いております。)

Yahoo! JAPAN IDを確認したら、ヤフオクのトップページより赤枠の部分をクリックしてYahoo! JAPANのページに移ります。

トップ画面の右側にある「メール」をクリックします。

ヤフーメールのページに移ったら「メールの作成」をクリックします。

「to」に相手のヤフーメールアドレスを入力して、件名には「ヤフオクの商品について」というような感じで入力をしたら以下の文言を参考に本文を入力して送信しましょう。

    (相手のヤフオクID)様

    初めまして、(自分のヤフオクID)こと(自分の名前)と申します。

    この度は突然の連絡を行い、大変失礼致します。

    先日ヤフオクで落札なしで終了した以下の商品はまだお手元にありますでしょうか?

    (商品名)
    (商品ページのURL)

    もしもまだありましたら、是非購入させて頂きたいので(即決価格があったら「即決価格で購入させて頂きたい」と言いましょう)
    可能でしたら再出品を行って頂けないでしょうか?

    お手数をおかけしますが、何卒宜しくお願い致します。

    (自分の名前)

この場合、返信してくれる確率は正直極めて低いです。

ですが、商品を確保する対策と言う点では何もしないよりかは試しに行ってみる価値はあると言えます。

どうしても商品が見つからない場合

ここまで在庫が無かった場合の商品確保をする方法をお話しして来ました。

それでもどうしても商品が見つからないということもありますので、その際の対応方法をお伝えします。

代替え商品を提案してみる

最初に出品していた商品と全く同じ物が無かったら、似たような商品を探して代替えとして提案をしてみましょう。

例としてですが、以下のような感じで提案してみるといいです。

    ① タレントのクオカードの注文が入って、どうしても見つけられない場合は仕入れ値の価格帯が近いもので同じタレントのクオカードを探す

    ② アーティストのツアーグッズのTシャツの注文が入って、どうしても見つけられない場合は同じデザインだけど色違いのを探す

    ③ ②が無かったら同じアーティストのツアーグッズのTシャツで、違うデザインのものを数点選んで購入者さんに選んでもらう

    ④ セット商品(コンプ商品も)の注文が入って、探してみたけど全部揃ってない商品しかなければ安く提供出来るけどどうするかを聞いてみる

いずれにしても元々出品した商品と同じものや同じ条件ではないため、商品の値段にもよりますが500〜1000円ほどの間で値引きをして提供する旨を伝えてみましょう。

商品が無かったからといって、いきなりキャンセルというのも悪い評価やマーケットプレイス保証申請を受けてamazonアカウントの健全性に大きく影響します。

どうしても商品が手に入らないということはありますが、まずはここまで説明したように対応してみるだけでアカウントの健全性は良好な状態で保たれると言えます。

amazonアカウントの健全性についてを記事にしていますので、こちらも併せて読んで頂けましたら幸いです。

【無在庫転売】amazonのアカウント停止を防ぐには?リスク回避の方法を徹底解説
こんにちは、松本賢介です。 今回はamazonで無在庫転売を行う上で、アカウントの停止を防ぐ方法をお話ししていきます。 在庫リスク無しで取り組め、再現性が高くてすぐに稼げると分かっていてもアカウントが止まってしまうことを考えて取...

キャンセル依頼をする

ヤフオク内や他サイトで商品を探したけど無かった…

代替え商品を提案してみたけど断られた…

最善を尽くしてみてもどうにもならない場合もあります。

そういった場合は、購入者さんにキャンセル依頼のメールを送りましょう。

まずはセラーセントラルの右側にある「注文」のタブの「注文管理」をクリックします。

「未出荷」から在庫切れの商品を選びます。

対象商品の「購入者名」をクリックします。

購入者さんにメールを送れるので、「件名の選択」の中から「返金」を選びます。

続いて以下の文言を参考に、文章を入力してメールを送りましょう。

    (購入者の名前)様

    お世話になります。
    (自分のストア名)の(自分の名前)と申します。

    この度は、「(商品名)」をご購入頂きありがとうございました。

    大変申し訳ないのですが、 現在在庫不足にて商品を発送することができない状況です。

    せっかくご購入頂いたにも関わらず、 ご迷惑をお掛けしてしまいました事と 在庫切れの連絡が遅くなってしまい本当に申し訳ございません。

    お詫びと致しましてamazonギフト券(Eメールタイプ)500円分を送付させて頂きますので、大変お手数ではありますが、注文管理画面より【商品をキャンセルする】のお手続きをして頂けないでしょうか(商品代金は全額返金致します。)

    ただちに全額返金の処理を行いますので、大変お手数ではありますが注文管理画面より、 【商品をキャンセルする】のお手続きをして頂けないでしょうか。(キャンセル理由は 【発送予定日が遅い】等で構いません。)

    お手続きを完了次第、こちらよりすぐに返金処理を行います。

    また、返金処理に関しましては出品者側には開示されないため、お問合せは Amazon カスタマーサービスまでお問合せ頂けますようお願い申し上げます。

    この度は、ご迷惑をお掛けしてしまい、大変申し訳ございませんでした。
    (自分のストア名)
    (自分の名前)

amazonの購入者から 「注文キャンセル依頼」というタイトルが入ったメールをもらった事を確認したら、 「購入者都合」でキャンセルをしてください。

それ以外の理由を選ぶとアカウント健全性が悪化してしまうので気を付けましょう。

なぜギフト券を送るのか?と疑問に思った方もいらっしゃるかと思います。

先述のようにお詫びの意味であることはもちろんですが、わざわざ購入してくれた方に時間を割いてキャンセルの依頼をしてもらうことへのお礼でもあります。

一方的にキャンセルをするよりも、購入者さん側にもメリットがあれば悪い評価を付けられるということもあまり無いと言えるでしょう。

ギフト券は500円じゃなくてもいいですが、購入商品の値段により200〜500円の間で送るといいです。

ギフト券の送り方

「ギフト券を送るのはいいけど、相手のメールアドレス知らないんだけど…」と思われた方もいらっしゃると思います。

この場合購入者さんに直接メールアドレスを聞くのではなく、キャンセル依頼を送った後にメールの送信履歴を開きます。

そうすると、やたら長い英数字の後に@marketplace.amazon.co.jp と記載がされているのが対象となるメールアドレスです。

このメールアドレスをコピーして、amazonの商品購入画面に移ります。

トップ画面の「ギフト券」をクリックします。

ギフト券のページに移ったら「Eメールタイプ」のギフト券をクリックします。

デザインはいろいろありますが、お詫び用なので言わずもがな一番無難なデザインを選びましょう。

入力項目がある画面に移りましたら、以下の手順で項目に入力をします。

    ① 金額を入力
    ② 配送はEメールを選択
    ③ 「受取人」に○○@marketplace.amazon.co.jpのメールアドレスを入力
    ④ 「贈り主」にストア名と自分の名前を入力
    ⑤ 250文字以内でお詫びのメッセージを入力
    (例:この度はご迷惑をお掛けしまして大変申し訳ございませんでした。
    ギフト券をお送りしますので、ぜひご活用下さい。)


ここまで行ったらあとは「今すぐ購入」を押して決済をすれば完了です。

今回のまとめ

amazonの無在庫転売を行う上で、在庫管理のツールを使用しても在庫切れになってしまう場合もあります。

在庫の確認をした時点で、在庫が無ければ同じ商品が出品されていないか探したり、無ければ代替え商品の提案が出来るはずです。

それでもどうしても見つからない場合は、誠意をもって購入者さんにキャンセル依頼を行いましょう。

購入者さんは商品が欲しくてお金を払ってくれたのですから、無いからといって即キャンセルは逆に不誠実だと思います。

最終的に商品が見つけられなかったとしても、商品を探して届ける姿勢を見せて取引を行うことが大事です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました